高収入な分税金が高い

医師

税金対策のために

医師は、他の職業と比べても収入が高いです。しかし、その分だけ多額の税金を納めることになります。収入が高い分だけ所得税や住民税も高くなります。一見すると富裕層でも、多額の税金のために手取りの金額は実はそこまで高くない、ということになるのです。そこで、節税対策として不動産を所有するという手があります。実は、物件の購入費の一部は経費扱いになり、節税につながるのです。いくら医師が高収入とは言え、簡単に物件を購入できるとは限らないでしょう。しかし、仮に銀行から融資を受けたとしても、十分節税につながるのです。金利や減価償却費、雑費等は経費になります。また、登記代、管理委託手数料、火災保険料も経費になります。この他にも、物件を購入するにあたり、見学した際に交通費や宿泊費がかかっていれば、これも経費になるのです。購入した物件は、賃貸物件として貸し出すことで不労所得を得ることもできます。経費から家賃収入を引いた額は、給与所得から引くことができます。節税で得た還付金は、銀行から受けた融資の返済に回すといいでしょう。将来医師を引退したときには、不労所得のみで生活ができるようにもなるかもしれないのです。現在勤務医だった場合は、不動産の一室をクリニックとして利用し、開業医になるという選択もできます。引退後に、自分達の住まいにするという方法も取れます。医師が不動産を持つことで、節税以外にも色々な選択肢につながるのです。