専門の税理士へ相談しよう

お金と電卓

開業医の納税と節約

開業医や勤務医といった医師の行う節税は、雇用形態で出来ることが変わります。医師の節税でよりしやすいのは開業医の場合です。開業医は個人事業主の形態と医療法人のように法人化する場合とがあり、より税金を抑えやすいのは医療法人にした場合になります。いずれの場合でも医師の一般的な節税の方法として挙げられるのは、所得税や住民税の減税に関するもので、社会保険料控除などのような控除額を増やすことでそれぞれの税金を抑えることに繋げます。勤務医の場合には勤務先が厚生年金への加入を行っている場合が多く、それに上乗せする形でのイデコ等の利用を行うことで税金を抑えます。またふるさと納税に代表される寄付金控除の利用もその返礼品を考えれば、メリットがあります。開業医の場合で法人化している場合には経費などで落とせる部分が多くなるため、医師の節税に繋がりやすいです。さらに所有する土地や建物などの税金で不動産取得税や固定資産税などのような租税公課も抑制することが可能になります。法人化していない開業医すなわち個人事業主の場合は、個人事業主としての節約を考える必要があります。医療機関として活動する際の経費を落とすのと同時に、人件費などのように直接その医療機関を運営する上でかかった費用を経費として計上するやり方です。経費として計上できるかどうかは税理士などの顧問がいる場合、彼らによく相談を行って慎重に対応をすることが重要となるので、まずは相談してみるとよいでしょう。