高収入な分税金が高い

医師

医師は高収入な分多額の税金を収めるので、節税対策として不動産を所有するという手があります。物件購入費等は経費扱いになるのです。賃貸物件として不動産を貸し出すと、経費から家賃を引いた額を給与所得から引けます。将来不労所得だけで生活できたり、不動産の一室を引退後の住まいにするなど、選択肢も多いです。

詳しく見る

医療法人に移行します

女性

医師が個人で開業して経営が安定すると節税に関心を持ちます。医師の節税で一般的な方法は医療法人の設立です。医師が医療法人の理事として給与を得ることによって、税務面では少なくとも給与所得控除のメリットがあります。

詳しく見る

勤務医の税金対策

電卓

確定申告を

医師のような専門職は、医学書の購入や学会への出席参加費用などが年間でかなりかかる場合があります。しかし勤務医の場合は経費扱いにならないので、自腹でまかなっているという人も多いことでしょう。しかし、実際にこれらの費用は、給与所得控除というものに当たります。年収の一部を税金計算の対象としない代わりに、税金を免除されているのです。源泉徴収票を見れば、給与所得控除という項目があることがわかるでしょう。しかし、医師の場合は給与所得控除ではまかないきれないほど、医学書や学会出席の出費が多くなる場合があります。そんなときに節税対策となるのが、特定支出控除です。通勤費や転居費、研修費、資格取得費、帰宅旅費、勤務必要経費が対象となります。これらを自腹で負担した金額が、特定支出控除額の適用判定の基準となる金額を超えた場合、所得控除後の所得金額から差し引かれるのです。節税のため、医師はぜひ特定支出控除の手続きをしたいと思うことでしょう。しかし、これには条件があります。年間の特定の支出が給与所得控除額の二分の一を超えた場合に限り、給与所得から引けるという仕組みなのです。もし条件に当てはまるなら、節税のために確定申告をしましょう。勤務医のような医師の場合、年末調整では特定支出控除は含まれていないのです。確定申告をするにあたって、特定支出に関する証明書、特定支出を証明する明細書、源泉徴収票を用意する必要があります。何もしないでいると、本来支払うべき税金よりも多く払いすぎてしまうことになります。節税のために、ぜひ確定申告をしましょう。

ビーグレンの口コミ評判を徹底調査

肌の悩みに合わせたアイテムを販売していますよ。多くの女性に支持されているビーグレンの口コミや評判・効果の高さなどの情報ならサイトでチェック!

コアスリマーの効果・評判レビューまとめサイト

お腹についてしまったを撃退!脂肪の燃焼を手助けしてくれる成分を豊富に配合しているコアスリマーの口コミ評判や効果をサイトで確認しよう。

ラクビ(LAKUBI)の口コミ評判解説まとめサイト

ダイエットを成功のカギは痩せやすい体質作り!基礎代謝の向上が期待できるラクビの口コミや評判・効果はサイトで紹介していますよ。

シボヘールの効果・評判レビューサイト

飲み続けるだけでお腹の脂肪がみるみるうちに減っていくと大人気!シボヘールの口コミ評判や効果の高さの真偽をサイトで検証していますよ。